今年の税務署は激コミしそうだから早目に申告した方がイイ!~平成29年から確定申告書提出にマイナンバーが必要です~

急に寒さが厳しくなってきた今日この頃。
みなさんは確定申告の準備はもうしていますか?

2~3月になると確定申告のために税務署の周辺は大混雑しますが、今年はそれに輪をかけて混むことが予想されています。

その原因となっているのは・・・そう、マイナンバーのせいなのです!

 

平成29年から確定申告にマイナンバーが必要となります

平成27年から通知が始まったマイナンバー制度。
まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、いよいよ今年からその制度の利用が本格的に始まります。

平成28年の年末調整などの手続きからマイナンバーを使う手続きが増えてきているのですが、なんといっても最初の目玉となるのは「所得税の確定申告」です。

平成29年(平成28年度分)の確定申告から、確定申告書を紙ベースで税務署に提出する場合にはマイナンバーが必要となります。

国税庁の確定申告書の特設ページにも、マイナンバーが必要である旨が公開されています。

①マイナンバーカードを持っている人

マイナンバーカードを持っている人は、確定申告書の提出の際にマイナンバーカードを提示すればOK。
それだけで済んでしまいます。

もし、郵送で手続きをする場合にはマイナンバーカードの表と裏をコピーしたものを添付書類として一緒に提出してください。

②マイナンバーカードを持っていない人

まだまだマイナンバーカード自体の普及が進んでいないので、カードを持っていない人の方が多いのではないでしょうか。

そのような方の場合には、マイナンバー通知カードにプラスして運転免許証などの本人を確認できる書類が必要となります。

もし、マイナンバー通知カードを失くしてしまって自分の番号を証明できるものが無い・・・と言う場合には、役所でマイナンバーが記載された住民票などをもらってこなければなりません。
住民票を取得するにも300円前後のお金がかかりますので、通知カードはなくさないようにしましょうね。

 申告会場も混乱することが予想されます!

今年の確定申告からマイナンバーを本格的な確定申告がスタートします。
申告書の提出にマイナンバーカードなどが必要となるわけですが、税務署サイドも初めての対応なので想定外のこともいろいろと出てくるでしょう。

昨年までであれば

①申告書の作成
②申告書の提出
③申告書を確認して収受印を押して控えの申告書を返却

という流れだったのが、今年からは

①申告書の作成
②申告書の提出
③マイナンバーカードの提示と確認
④申告書を確認して収受印を押して控えの申告書を返却

という流れになるわけですよ。
この流れに変わることによって、次のようなトラブルが起きちゃうのかな?

トラブルその1 申告書提出の場所でマイナンバーの書類を忘れたことに気づく

ただでさえ混雑する税務署の申告書作成会場。
寒空の下で順番待ちして、やっとの思いで申告書を作成。
さぁ、あとは申告書を提出するだけ・・・と思って受付コーナーに並んだらマイナンバーカードを忘れたことに気づく。
・・・なぁんてケース、ありそうじゃないですか?

マイナンバーが分からないためにもう一度出直す必要が・・・なんてことにもなりかねません。
そんなこと言われたら怒り出す人も出てくるんじゃないかなぁと思っています。

トラブルその2 扶養控除を受ける人のマイナンバーが分からない

実はマイナンバーが必要なのは、申告書を提出する人だけじゃなくて奥さんや子供などの家族の分も必要となります。
カードなどの書面は要らないのですが、少なくとも番号だけは控えておかなければなりません。

申告書を書いていたら・・・あ、家族の分のマイナンバーがわからな~い(*´Д`)ガッデム

せっかく時間を作って税務署まで来ても、また出直しなんてことも考えられます。

トラブルその3 代理で持ってきた人では受け付けてくれないかも

書面で申告書を提出する場合、申告する人のマイナンバー以外にも代理人の身元を確認できる書類の提示も必要です。

ですから、ご主人の申告書を奥様が代わりに税務署に提出する場合には

①ご主人のマイナンバーカードや本人確認できる書類のコピーなど
②奥様自身の身元を確認できる書類(マイナンバーカードや免許証など)

の2点を提示する必要があります。

奥様であったり親族であればいいのでしょうが、それ以外の人だと受付てくれないかもしれません。

そもそも税務関係の代理というものは税理士しか行ってはいけません。
身内ならまだしも、第三者の人間が代わりに税務署に申告書を提出することはNGなのです。

これらの書類が無いから出直し・・・なぁんてこともあり得ます。

とにかく今年は余裕をもって申告することをおススメします!

マイナンバー制度の本格運用のため、今までよりも手続きが増えることは間違いありません。

ただでさえ混雑する申告会場が、今まで以上に混むだろうなぁということは税理士仲間の間でも話題になっています。

もし、申告会場で確定申告を行おうと思っている人はできるだけ早めに手続しておくことをおススメしますよ。

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

湘南・小田原エリアで効率的なビジネスをしたい!

▼ 効率的な経理や処理をしていきたいんだけど?
▼ 会社を設立してビジネスを大きくするには?」
▼ お金をもっと残す方法はないだろうか?

ビジネスに悩みをかかる方は頼れる専門家に相談するのがオススメ!
具体的な相談方法や料金などの具体的なコトを知りたい方は要チェック!

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。