税理士に与えられた36時間研修という義務~自分たちで研修をつくりあげよう~

DSC_0276

税理士になるための勉強も大変ですが、税理士になってからも毎日が勉強の日々です。
毎年のように税制改正はありますし、マイナンバー制度のように税務以外のことについても勉強していかなければなりません。

経営やIT関係、マーケティングに商品開発、補助金や助成金に行政関係の手続き・・・

挙げていったらキリはありませんが、常に最新の情報を仕入れていく必要があります。

税理士に与えられた年間36時間の研修義務

税理士である以上、税務の専門家であることは当たり前のことです。
時代や社会の状況に合わせて、毎年のように税制改正が行われますので、それに合わせて日々新しい情報を仕入れていかなければなりません。
そういった最新の税務情勢だけでなく、間違えやすいポイントなどについても常に知識をブラッシュアップしていく必要があります。

そのため、税理士には「年間で36時間の研修を行わなければならない」という義務があるのです。

今までは研修の受講については努力目標だったのですが、平成26年の税制改正により研修の受講は税理士の「義務」となりました。
年間36時間の研修を受けなければ税理士法違反です。

「義務と言っても罰則規定がないのでやる必要はない」
と堂々と言っている同業者もいます。

でも、罰則規定がないからやらないというのは
「夜中にゲームやっていても警察に捕まらないから別にいいでしょ」
と言っている小学生の子供と同じレベル。

法律で決まっている以上は、法律に従って行動するのが、法律に携わるものの使命だと思います。

36時間研修をクリアすれば認定証が貰えます

36時間研修をクリアすれば認定証が貰えます

実際にクリアしているのは3割程度

ただ、そうは言っても36時間の研修時間をクリアしている税理士の割合は少ないのが現実。
平成21年の税理士実態調査では、研修時間36時間をクリアしている割合は約3割程度だったそうです。

この当時は努力目標だったのでまだ少なかったかもしれませんが、義務化された現在でも36時間研修をクリアしている割合は5割にも届かないかもしれません。
それだけこの「36時間研修」という制度は軽んじられているというコトです。

研修の内容に問題があるという人もいます。

「税理士会の開催している研修なんて受けても面白くない」
「実務に役に立たないから受けても無駄だ」
「勉強なら自分でやっているので受ける必要なんてない」

そのように思っている人も多いようです。

だったら自分でやればいいじゃん

「研修の内容が面白くない、役に立たないから受けない」
という人がいますが、こういう考えの人って結局は「受け身」なんですよね。

だったら「自分が面白いと思うような内容の研修を自分でやればいいじゃん」と思うのです。

人がやっていることに対して文句を言っているだけでは何も解決しないと思うのですよ。

私が所属している税理士会の小田原支部では、会員が有志で「研究会」を立ち上げています。
支部主催の認定研修ではなく、あくまで自分たちで
「こういったコトをやればいいんじゃない?」
「こういう事例があったんだけどみんなで考えられないかな?」
というように自分たちでテーマを決めて行う勉強会です。

各税理士会によって若干対応は違うかもしれませんが、このような勉強会であっても、事務局に申請して認定を貰えば「36時間研修」の単位となります。
また、講師をやった人間は「研修時間×3」の単位を取得できるので、2時間の講師を務めれば6時間分の単位を貰えます。

自分たちが自分たちで講師をやることでお互いの自己研鑽にもつながりますよ。

面白くない、役に立たないと文句を言っているくらいなら、自分たちが面白い、役に立つと思う内容の研修を作っていけばいいのです。

まとめ

人から言われてやらされていると思うから「面倒くさい」「面白くない」って感情が出てきます。
自分から勉強しようって思えばいくらでも考え方は変わるはず。
認定対象となる研修は探せばいくらでも出てきますので、必ず興味のあるものに巡り合えるはずです。

そもそも、なんで36時間研修なんて考え方が出てきたのかと言えば「税理士が税理士としての価値を担保するため」なわけですから、それくらいの時間を勉強にあててもいいのではないかと思います。

1ヶ月で3時間ですよ。3時間。
税理士試験受験生のころは1日3時間でも少ないなんて言われてきたのに・・・。

(; ・`д・´)

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日は自主勉強会である「資産税研究会」がありました。
地元の信用金庫さんにお願いして「金融機関から見た決算書の見かた」について教えてもらいました。
勉強会の後は近くの居酒屋で懇親会。
懇親会でのほうが突っ込んだお話が聞けて参考になりますね。

 

【今日のトレーニング】

右足のヒザ裏の痛みがなかなかとれません。
ここで無理をすると長引きそうなのでトレーニングはお休みします。

【1日1新】 1日1新についてはコチラ

本厚木ミロードのアフタヌーンティー
小田原市民交流センターでの勉強会

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。