クラウド会計は使いものにならない?~会計のプロである税理士が不満に思う3つのポイント~

freeeやMFクラウドなどのクラウド会計ソフトについてのお問い合わせが非常に増えてきました。

それだけクラウド会計に対する認知度が上がってきたというコトなのですが、それで「会計業界のスタンダード」になるにはもうちょっと時間がかかりそうです。

スタンダードになるための大きな壁となっているのが「税理士への普及」というコト。

会計ソフトのユーザーは、事業主や経理担当者などだけではなく、税理士や会計事務所の人間も含まれているのです。

 

税理士にとって使いやすいソフトではない

簿記などの会計知識のない個人事業主や中小会社の社長にとってみれば、
▼ 感覚的に操作できる
▼ ネットバンクなどのデータを自動で取り込める
といったことが出来るクラウド会計ソフトは大きなメリットがあります。

インストールする必要が無い、どこにいてもクラウドにあるデータをさわれるといったポイントも評価されています。

一般的なユーザーにとっては高評価のクラウド会計ソフトですが、会計業界の中心にいる税理士・会計士にはあまり評価が高くありません。

なぜクラウド会計は税理士に評価されないのでしょう?

 

ポイント1:クラウドゆえのソフトの重さ

ブラウザを通してクラウド上のデータを操作するのがクラウド会計の大きな特徴です。

自分の手元にあるパソコンのデータを加工するのに対して、どうしてもタイムラグがでてしまうのです。

時間すればほんの0.1秒程度かもしれないのですが、そのタイムラグに対するストレスと言うのは相当なもの。
一般ユーザーであれば一つ一つ考えながら入力するような場合であっても、私たちのようなプロが入力するときは、それこそテンキーなど見ずにひたすら右手だけ動かしているような状況です。

正直、クラウド会計ソフトを今までのインストール型の会計ソフトと同じ感覚で使おうとすると

「ソフトが重すぎて使いものにならない」

というのが本音でしょう。

クラウド会計推しの税理士も多く知っていますが、ほぼ全ての人が「クラウド会計ソフトで入力してはダメ」と言っています。

会計ソフトの外でエクセル、CSVなどで連動データを用意する必要があります。

ひと手間かければ済むという話かもしれません。
ただ「会計ソフトの中で完結できない」というのはやはり問題と言えるでしょうね。

 

ポイント2 データの検証機能が弱い

これはポイント1にも共通するのですが、クラウドにデータがあるので「データの呼び出し」に時間がかかります。

既に連動・入力されているデータの内容をチェックするためにデータを呼び出そうとすると、従来型の会計ソフトに比べるとかなり遅いです。

一般ユーザーの人にとっては「入力しちゃえばそれでおしまい」という感じかもしれません。

ただ、データの内容に間違いが無いかどうかを確認する立場の税理士にとっては、この「データの検証機能」というのは非常に重要なポイントなのです。

 

お客様が作った会計データをチェックするのも私たちの仕事です。

ほぼ完ぺきにデータを作ってくれる方もいられますが、多くの方の場合は多少なりとも入力データに間違いがあります。

その間違いを探しやすいかどうかというのも、ワタシたちのようなプロが会計ソフトを選ぶ一つの基準にもなっています。

そういう意味からすると、クラウド会計ソフトはハッキリ言って「ウ〇コ」です。
データの検証性という意味では非常に使いにくい。

クラウドゆえの遅さというモノを我慢してデータのチェックが出来たとしても、間違ったデータを直すのもメチャクチャ面倒くさいのです。

私自身、クラウド会計ソフト上のデータをチェックするときはクラウド会計ソフト上では行いません
いったんデータを吐き出してから別のアプリケーションでチェック・修正しています。

このあたりもプロである税理士がクラウド会計に踏み切れない大きな理由の一つです。

 

ポイント3 データの安全性への不安

クラウド会計の特徴はデータをクラウドに置いておくというコト。

クラウドサービスを使い慣れた自分たちにとってみれば、そんなことは当たり前かもしれません。

ただ、多くの方にとってみれば

「クラウドにお客様の大切な会計データを預けておいて大丈夫なのか?」

という気持ちを持たれていることでしょう。

とくに税理士は年配の方が多いので、新しいサービスに対する懐疑的な気持ちと言うのは強い。

自分のトコロのサーバにデータを置いておかなければ不安でしょうがないんでしょう。

紙よりもデータ、自社サーバよりもクラウドの方がよほど安全だという認識になるには相当な時間がかかるかもしれません。

201404292

 

クラウド会計ベンダーがどう対応するか?

一般ユーザーにとっては使いやすいソフトであったとしても、税理士にとって使いやすいと言えないのがクラウド会計ソフトの現状です。

多くの税理士が「クラウド会計に対応していますよ~」と言ってはいますが、本音では「あー、使いづらいなぁ」と思っている人も多いはず。
知れば知るほどクラウド会計ソフトのダメな部分も見えてきてしまうからです。

ただ、そういうダメな部分、クレームの出ている部分と言うのは改善の余地もあるはず!

その部分を克服していけば、もっともっとプロである税理士にも支持されて普及が加速していくと思います。

私が考える一番のデメリットは「クラウドゆえのデータの重さ」です。

例えば、オフラインアプリを開発して、修正・チェックだけはデータをダウンオードしてオフラインで出来るようになればクラウドの重さは解決できるはず。
データの不安を抱える人には、自社サーバへのデータストレージなどのサービスも提供してあげればいいわけです。
(必要かどうかは別として・・・)

こういった現場への不満にも対応できるかどうかは、クラウド会計ベンダー自体が生き残っていけるかどうかのポイントだと思います。

「クラウド会計ってこんなすごいんだよ!」

なぁんて言っててもらえるうちに対応しておかないと、すぐに愛想尽かされちゃうかもしれませんよ。

 

まとめ

いろいろ不満を書きましたが、それでも便利な部分は便利なのですよ。

ただ、まだまだ改善の余地があるからこそ苦言を申したいわけです。

最終的には一般ユーザーに支持されるソフトが生き残っていくと思っています。

そういう意味ではクラウド会計はユーザー支持をうけやすいメリットを持っていますので優位なポジションにいるわけです。

あとは「会計業界のスタンダード」になるためには、プロも満足して使えるレベルに引き上げていく必要があるでしょうね。

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日は税理士の井ノ上さん主催セミナーに参加してきました。
新しいサービスを活用すれば、まだまだ自分の仕事も効率化&コストダウンできそうだ!

【今日のトレーニング】

今朝は朝早くからお出かけのためお休みです。

【1日1新】 1日1新についてはコチラ

恵比寿のアックスコンサルティングで打ち合わせ
井ノ上さんのITセミナー

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。