「自分だけの3時間を作りだす」~木村流・超整理法の極意~

DSC_0140

「カープ女子×税理士」で高名な木村聡子さんの最新著書「あなたの1日は27時間になる。」を読みました。
仕事術や生き方など様々な面で、木村さんのブログ「きむカフェ」はいつも参考にさせてもらっています。

大学や業界の大先輩でもある木村大先生の仕事術がたくさん詰まったこの本はオススメですよ~♪

木村さんは「税理士×ブロガー」の草分け的存在

この本の著者である木村聡子(あきらこ)さんは「税理士×ブロガー」の草分け的な存在です。
2000年に税理士として独立開業、事務所を順調に成長させて税理士法人の代表になったにも関わらず、自らその代表を辞して自分流の生き方を貫き通したというツワモノです。

木村さんのブログ「きむカフェ」は、仕事術や生き方などにおいて、独立開業を目指していた自分にとってとても参考になる内容でした。

「夜型ではなく朝型人間」であることや「机の周りに無駄なものは置かない」など自分の考えと共通する部分も多いですし、大学が同窓ということもあって勝手に親近感を感じさせて頂いています(∩´∀`)∩

現在は色々な場所でセミナー講師をされていたり、雑誌などで連載を持っていたりもするのでご存知の方も多いかもしれません。
そんな木村さんが書かれた最新著書「あなたの1日は27時間になる。」は、木村流・仕事術がふんだんに盛り込まれています。

 

▼ 仕事や勉強などに追われていて、時間が足りないと思っている人
▼ 何となく時間だけが過ぎていってしまっている人
▼ もっと仕事を効率化したい人

などには参考になることが多い内容となっています。

時間を作るには頭の切り替えが大事

木村さんは著書の中で

「時間をいくらでもかけていい」と思うから、効率化、つまり「ラクをする努力」を怠る。
その結果、仕事が慢性的に溜まりがちになり、精神的な余裕がなくなる。
そんな状態で、さまざまな仕事を同時進行するため、デスクまわりがどんどん汚くなり、書類の紛失や探し物で時間をとられる。
結果、仕事のスピードがさらに落ちてしまう。

と書いています。

「どんなに時間をかけても良いのでとにかく終わらせればよい」と考えているのであれば、いつまでたっても早く終わらせる努力をしようとはしません。

▼ 今の仕事を早く終わらせてしまえば、また次の新しい仕事をやらされる・・・
▼ 早く仕事が終わってしまうと、残業する理由が無くなってしまう・・・
▼ 早く終わらせても評価が変わらないのであれば、適当にのんびり時間をかけてやったほうがトクだ・・・

このような考え方を持っていたら、いつまでたっても仕事が早くなるわけありません。

af9920057175

常に時間を意識して行動することが大事です。
アタマの切り替えをして「時間を意識した行動パターン」を習慣化することが大切です。

木村さんもこういった考え方を習慣化するために

▼ 夜型から朝型の行動パターンに切り替える
▼ 戦略的な息抜きをして体の疲れを感じさせないようにする
▼ 体に良い行動パターンを習慣化する

といった具体的な内容をオススメしています。

私も夜型から朝型に切り替えることにより、時間を効率化して様々な好循環が生まれました。

▼ 朝型に切り替えてから勉強の能率が上がり、短期間で税理士試験に合格した
▼ 税理士試験の後は早朝にマラソントレーニングすることでフルマラソンのタイムアップ
▼ 朝型に切り替えてから風邪をひかなくなった
▼ どんなに忙しくても、基本的に子供と一緒に寝れるようになった

自分としては良いことばかりなので、色々な人に朝型に切り替えることをオススメしています。

遠回りに思えることが実は近道だったりする

木村さんは著書の中で様々な便利アイテムやノウハウなどを紹介しています。

私がその中で一番共感できることは「机のまわりをキレイにしておく」ということ。
基本的に私は机の上には出来るだけ何も置かないようにしています。

DSC_0141

仕事用のパソコンはデスクトップ+増設モニターなので場所をとりますが、基本的に机のまわりには出来るだけモノを置かないようにしています。
ペンなどの事務用品も持ち運びできるケースに収納していますし、帰宅するときには書類も全て「あるべき場所」にしまっておくようにしています。
デスクトップ上のショートカットアイコンも最小限に。
2列になってしまうようであれば、ショートカットアイコンのリストラを行います。

「どうせ明日も同じ仕事するんだからそのままにしておけばいいのに・・・」
と思うかもしれませんが、いったん片づけた方が次に何をすべきなのかが整理できるのです。

一見すると遠回りに思えるようなことでも、実はその方が仕事が効率化できて時間短縮につながったりするんですよね。

ほかにも「マニュアル化する」「新しい便利グッズを試してみる」「メールなどのチェックは回数を絞る」など、最初は抵抗があるものでも取り入れてみればぐっと効率化できるかもしれませんよ。

自分を変える4週間プログラム

木村さんはこの習慣化をするにあたって「4週間プログラム」を提唱しています。

  1. 1日のリズムを整える
  2. 仕事の渋滞をなくす
  3. 仕事環境を効率的にする
  4. 仕事をスピードアップさせる

一気に進めていくと抵抗があるかもしれませんが、少しづつ自分に取り入れていくことで良い循環が出来上がると思いますよ!

具体的な内容は書籍に書いてありますので参考になさってください。

まとめ

色々な自己啓発本を読みあさっている人も多いかもしれませんが、大事なのは実践することです!

学ぶというコトは人を「真似ぶ」と言う言葉から派生しています。
なにか感じ取るものがあったら、1つでも良いので試してみるべきです。

わたしもスマホアプリ「エバーノート」を使ってみようと思いつつ、導入できていません。
今年中にはチャレンジしたいと思っています(*´з`)

 

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。