1かげ単位で目標を振り返ってみよう!~目標達成には振り返りが重要です♪~

DSC_0319

時間が経つのは早いもので、今日であっという間に1月も終わりです。
毎日慌ただしく過ごしていると時間が経つのも忘れてしまいますね。

意識せずに過ごしてしまうと、ドンドン時間だけが過ぎていってしまいます。
1ヶ月の終わりは一つの区切りをつけるにはいいタイミングです。
できれば時間を少しだけとって、1ヶ月の振り返りをしてみましょう。

年始の目標達成のために動けているか確認しよう

今年1年はどうしていこうかという1年の目標を、年末からお正月にかけて決めた方も多いかと思います。

私自身も1年のアタマに今年の目標を設定していますし、つい先日の船井総研の勉強会の席でも1年の経営計画というモノをブラッシュアップしてきました。

中長期の経営計画をたてよう!~将来のビジョンをもって行動する~
慌ただしい毎日を送っているとあっという間に時間が過ぎていってしまいます。 気が付けば1月も下旬にはいり、今週が終わればもう2...

仕事以外でも「1日1新を毎日考える」ということを目標にしてブログに挙げることを目標にしています。

「1日1新」というチャレンジ~毎日新しいコトを体験する~
今年から新しく始めた取り組みの一つが「1日1新」というモノです。 毎日一つづつで構わないので、何か新しいモノを試していこう...

「1年の計画を立てる」ということ自体は、きっと多くの方がやられていることだろうと思います。
ただ、実際にその目標の達成に向かって動けているのかということまで振り返りながら進めている方は少ないのではないでしょうか?

年末近くにになって、
「あぁ、やっぱり今年も目標の達成が出来なかった・・・。」
と悔やんでいるだけでは毎年同じことの繰り返しになってしまいます。

できれば、一定のタイミングで目標を振りかる機会を持つコトをオススメします。

達成度を確認するのは大事なコト

目標というものは、「○○になれたらいいなぁ・・・」ではなくて、「○○になる!」と思うことが大切です。

具体的に目標を達成していくためには、どの程度まで達成できているかどうかを確認しなければなりません。

例えば、今年の8月の税理士試験合格を目指している方であれば、

▼ 与えられたカリキュラムはすべて完了しているかどうか
▼ 計算問題や理論の暗記は予定通りに進んでいるかどうか
▼ 予定していた勉強時間の確保は出来ているかどうか

などを振り返って、一定期間の達成度を確認していくべきです。

例えば、今年中にフルマラソンでサブ3を目指しているのであれば

▼ 今月の走行距離やトレーニング回数はどうだったか
▼ 体重や体脂肪率、カラダの疲労の蓄積具合はどうか
▼ 平均ペースやインターバルなどのタイムはどのように向上しているのか

ということを確認していかなければ、トレーニングの方法や回数も決めることが出来ません。

一定期間ごとに達成度を確認して、次のステップに向けてどのような行動をしていくのかを検証していく。
このように振り返りと計画、行動を反復していく方法を「PDCAサイクル」といいますが、ビジネスだけでなく自分の目標達成のためにも活用できる方法です。

1ヶ月単位がちょうど良い

このPDCAサイクルを行う周期は「1ヶ月」を単位とするのがちょうど良いかと思います。

半年では長すぎますし、1週間では短すぎる。
学校にしろ仕事にしろ、1ヶ月を単位として行動しているものが多いので、自己の振り返りも1ヶ月を基準にするのが一番やりやすいかなと思います。

振り返りには長い時間をかける必要はありません。
年初に立てた目標を見返して、1ヶ月経った現時点でどの程度進んでいるのかをチェックしてみましょう。

大事なポイントははどれだけ達成できているのかというコトではありません。
それよりも「目標に向かってちゃんと動けているか」ということの方が大事です。

昨日、早朝勉強会で仲間のリョウ君が元サッカー日本代表の岡田監督の話を引用していました。

チームをひとつのところへ持っていこうとするとき、目標は絶対的に大事なものです。
その目標をスタッフと選手全員が信じて、本気でチャレンジしたときにはすごい力を生み出します。
2010年6月の南アフリカW杯で、私は「ベスト4」という目標を掲げました。
目標を掲げた当初、マスコミはもちろん選手も半信半疑でした。
しかし、「本気でベスト4を目指してみないか?」と問いかけ続けていると、本気になる選手がひとり増え、ふたり増え、気が付けば、全選手が「ベスト4」を目指すようになっていったんです。
そのように変化し成長している組織では、監督がくどくどと選手に指示を出す必要なんてありません。
世界で勝つために、自分に何が足りないか、チームのために自分は何をしたらいいのか、選手自らが自分で考えて取り組むようになるからです。

目標を意識することによって「今自分は何をすべきか」ということが明確になります。
何か行動をするのであれば意識を持って取り組んだ方が効果が高いのです。

「漠然とダイエットしたいなぁ・・・」と思うよりも「2月末までに○○キロを切る!」という方が達成できそうですよね!
たとえ達成できなかったとしても、「なんで達成できなかったのか」という振り返りにつながります。
次のステップに向けて具体的な手段を考える材料が出来るのです。

年始に立てた目標についてすっかり忘れてしまっている方もいるかもしれませんが、まだ11ヶ月も残っていますので焦らなくても大丈夫。
もう一度、初心にかえって目標を意識してみても十分に間に合いますよ。

まとめ

目標というものは立てただけでは意味がありません。

目標に向かってどう行動をしていくかというコトの方が大事なのです。

そのためにはどのような行動をしてきたのかというコトを確認する機会を作りましょう。

計画(PLAN) → 行動(DO) → 評価(CHECK) → 改善(ACT)

目標管理にも「PDCAサイクル」は活用できます。
ぜひ振り返りの時間を作ってみてください!

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

土曜日の朝はリョウ君が主催している朝活勉強会「TerraceCafe」に参加しています。
何かテーマを決めてワークを行う勉強会ですが、昨日は「目標の振り返り」をテーマに情報をシェアしました。
このようなPDCAの機会をつくるのも良いサイクルですね。

【今日のトレーニング】

まだちょっと違和感が残るのでもう一日お休みをいただきます。
ちょっと長引いてしまうかも・・・。

【1日1新】 1日1新についてはコチラ

セブンイレブンの叉焼チャーハン
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。