病院の駐車場代は医療費控除の対象となりません!

地方で生活をするにはマイカーは不可欠な存在。
都内であれば地下鉄などの公共交通機関を使った方が便利ですが、田舎ではまだまだ車移動の方が便利ですよね。

医療費控除の対象になる費用には「通院に係る費用」も認められています。
ただ認められているのは「公共の交通機関を使った場合」が対象です。
マイカー利用の場合のガソリン代や駐車場代は、医療費控除の対象にはならないので注意しましょう。

通院に係る費用も医療費控除の対象

医療費控除の対象になる費用は「病気やケガの治療のために使われた費用」というコトになっています。

したがって、基本的には
▼ 病院での診察に係った費用
▼ 薬局などで購入した薬などの費用
▼ 病気やケガなどを治療するために行った施術費用
などといった直接的に病気やケガを治すための費用が対象となります。

ただ、これらの直接的な費用だけでなく、その治療を行うための病院などへ行くための間接的な費用も、医療費控除の対象として認められています。

主なものとしては、自宅から病院に行くまでの電車やバスなどの運賃が対象となります。

タクシー代は例外的にOK

ただこの際の交通費ついては「合理的に認められる交通費」とされているため、基本的には電車やバスなどの公共交通機関を使うことが前提です。

ですので、バスや電車で移動できるにもかかわらず「面倒くさいからタクシーを使おう」という理由でタクシーを使った場合はNGです。
いくら病院に行くための費用というコトであっても、タクシー代は認められないのが原則です。

ただ、状況によってはどうしてもタクシーを使わざるを得ないケースもあるかもしれません。

▼ 急に産気づいてタクシーを使わざるを得なかった
▼ 自宅から最寄りのバス停まで歩ける距離ではない(私のような人間を除いて)
▼ 子供が急に熱を出したが、両親が酔っぱらっていて子供を病院に連れていけない

・・・最後の例はともかくとして、状況的にやむを得ないであろうという場合についてはタクシー代も例外的にOKというコトになっています。

「駅から病院までの坂道を歩くのがイヤだ」とか「バスは混むから嫌なんだよね」と言う理由でタクシーを使った場合はダメ。
でも病院って駅から遠いことが多いんですよね・・・(*´з`)ブゥ

マイカーの利用は100%ダメです

田舎の場合、マイカーで病院に行く方の方が多いかもしれません。

このような場合、いくら病院に行くための費用だからと言っても通院に係る費用は医療費控除として認められません。

▼ 病院に行くためのガソリン代
▼ 病院や周辺駐車場の駐車場料金
▼ 車いすを載せるために購入した福祉車両の購入費用

このような費用は医療費控除の対象にはなりません。

たまに病院の駐車場の領収書をいっぱい持ってくる人がいますがダメなんですよ~。

この前は「病院の駐車場がいっぱいだったので路駐していたら、警察に違反切符を切られた」と反則金の領収書をもって来た人がいました。
「あー、やっちゃいましたね~(^_^.)」
と笑顔で領収書をお返ししましたけどね・・・。

まとめ

マイカーで病院に通院した場合、ほぼ医療費控除の対象となる通院費は無いと思って下さい。

最近は赤字で採算がとれないため、バスの地方路線はどんどん縮小・廃止になっています。
「公共の交通機関なら医療費控除は認めるよ」と言われても、そもそも「公共の交通機関が無い」というのが現状です。

合理的な交通手段で・・・と言われた場合、「マイカーで移動する」というのが最も正解に近い地域もあるんですよ。
そんな現状を知らないわけでもないだろうに・・・ね。

はたして医療費控除という制度は誰のためにあるんでしょうか・・・。

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

医療費控除について3日連続で記事をあげてみました。
この制度は本当にグレーゾーンが多いので、大幅に見直した方が良いと思います。
正直者がバカを見る制度ですよ。まったく。プンプン(-_-;)

【今日のトレーニング】

本日もトレーニングはお休みです。
週3回くらいのペースで様子を見ようと思います。

【1日1新】 1日1新についてはコチラ

新しい予算提案書の作成

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

湘南・小田原エリアで効率的なビジネスをしたい!

▼ 効率的な経理や処理をしていきたいんだけど?
▼ 会社を設立してビジネスを大きくするには?」
▼ お金をもっと残す方法はないだろうか?

ビジネスに悩みをかかる方は頼れる専門家に相談するのがオススメ!
具体的な相談方法や料金などの具体的なコトを知りたい方は要チェック!

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。