個人事業者や小さい会社でも受給できる補助金にチャレンジしませんか?~小規模事業者持続化補助金~

補助金や助成金というと、とってもオイシイ話のように聞こえるのですが、個人事業者や小規模の会社が利用できる制度って少ないんですよね。

創業補助金やものづくり補助金、キャリアアップ助成金など色々なモノがあるのですが、実際に内容を見てみるとハードルが結構高いんです。

そんな受給が難しいと言われている補助金なのですが、そのなかでも比較的ハードルが低いと言われているものがあります。
それが「小規模事業者持続化補助金」なのです!

個人事業者や小規模の会社では補助金はムリ?

政府は多くの補助金や助成金というモノを用意しているのですが、実際にその補助金などを利用できるのはある程度の規模がある事業者がターゲットになっています。

例えば「ものづくり補助金」という制度がありますが、その応募の内容は「革新的なサービスや生産プロセスの改善を認定支援機関とともに行い利益率を向上させる」という前提があります。
実際にこの制度の適用を受けて補助金を申請する規模となると、少なくとも数名以上の従業員がいるある程度の規模がある会社でなければ難しいのが現実です。

また「キャリアアップ助成金」という制度がありますが、こういった制度も「従業員を雇用しているコト」が前提です。
一人で活動している個人事業者や家族経営の会社では受けることは出来ません。

創業補助金にしても、「革新的なサービスで起業」というような前提があったりするので、飲食店や普通のお店ではなかなか申請できないのが現実です。

そんなかなりハードルが高い補助金なのですが、そのなかでも比較的受給がしやすいと言われているのが「小規模事業者持続化補助金」です。

この小規模事業者持続化補助金なら、幅広い分野の事業者を対象としていますし、規模の小さいの個人事業者でも受給することが出来ます。

11

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金とは「小規模の事業者が販路開拓のために支出した費用の一部を補助する」という制度です。

カンタンに言えば「小さな個人商店や飲食店などがお店の売上アップのためにメニューを綺麗にしたり、ホームページを作ったり、チラシを作ったりする時の経費を補助するよ!」という内容です。

補助の内容は販売促進に係った費用の2/3まで、最高50万円まで補助してくれるというモノ。

名前は似ているけど「補助金」と「助成金」って何が違うの?

2016.03.28

補助金受給にチャレンジ!小規模事業者持続化補助金を受給するためのコツ

2015.04.08

小さいお店の売上アップに補助金が出ます!「小規模事業者持続化補助金」

2015.03.11

この補助金の一番の特徴は「売り上げアップのための費用ならかなり広い範囲で認めてくれる」というトコロです。

ものづくり補助金や創業補助金などは資金の使途が結構限定されていることが多いのですが、それに対してこちらの小規模事業者持続化補助金は範囲がかなり広い。

▼ 宣伝のための広告やチラシ
▼ ホームページなどの作成費用
▼ お店の看板やノボリ旗の作成
▼ 集客セミナーや勉強会の開催
▼ 売上アップコンサルタントへの報酬
▼ ゆるきゃらの作成
▼ 看板娘を売り出すためのPR費用

かなり幅広く使えるのでオススメなのです。

12

予算は減っているので早く申請した方が有利

ただ最近は政府のフトコロ事情も厳しいので、補助金に充てられる予算は減っているようです。

年々と補助金の予算も減ってきていますので、申請したからと言って必ず採択されるわけではありません。
特に小規模事業者持続化補助金はハードルが低いので、多くの方が申請することが見込まれます。

だいたい申請した数に対して採択率は30%程度になるくらいですかね。
10人申請して3人が補助金支給を受けられるようなイメージです。
これでも補助金としてはかなり採択率が高い方なんですけどね。

企画内容を練り上げて、良いプランを作りこんで申請するのもいいのですが、それよりも是非トライして欲しいのが「3月中に申請する」というコト。

この補助金には一次締切が3月、二次締切が5月、三次締切が7月といったような段階的な締め切りがあるのですが、一番早い一次締切に応募した方が採択率が高くなる傾向にあるようです。

もし一次でダメだった場合であっても、少し内容をブラッシュアップして二次締切に再度申し込みを行えば採択されるかもしれません。

色々な意味で、早いタイミングで応募した方が有利になるのですよ!

まとめ

いくらハードルが低いといっても、補助金を受給するということはカンタンではありません。

審査員のココロを惹きつけるような申請書を書くにはコツがいりますし、事業計画を作るにしても実現性や裏付けの根拠が必要となります。

昨年、自分とお客様の2件の申請を出して両方とも補助金受給を受けることができましたが、それなりの準備と書類の作成には時間がかかりました。

もし本気で受給を考えたいという方は、少しでも早く準備に入ることをオススメします。

※ 小規模事業者持続化補助金については、当事務所で関与させて頂いているお客様のみ申請をサポートさせて頂いております。
補助金受給のみのサポートはお受けしておりませんのでご了承ください。

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

フェイスブックぺーぞのアイコンを変えてみました。
そんなにかわいくないでしょ・・・と言うツッコミはご遠慮ください。(;´・ω・)アセ

【今日のトレーニング】

お休み中…。

【1日1新】 1日1新についてはコチラ

カフェクラウディアのウィンターカプチーノ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。