「自分の商品は何か?」を考える~好きなコトで起業をしよう!①~

「自分でビジネスをはじめてみたい!」

▼ 学校を卒業したばかりの若い人
▼ 会社を定年退職したけどやりたいことがある人
▼ 現役バリバリで働いている中堅サラリーマンの人

それぞれ立場は違いますが、同じように「起業」に対して思いを抱いている方がいっぱいいます。

「自分の趣味を仕事に変えられたら楽しいだろうなぁ」
「今までの経験をなにか生かすビジネスはないだろうか」

そのような思いを具体的にカタチにするにはどうすればよいでしょうか。

個人が新しくビジネスを始めることを、一般的に「起業(きぎょう」と言います。
実際に頭の中のイメージを現実化するためには、ひとつづつステップを踏んで行く必要がります。

その第一のステップとして考えなければならないのは「自分の商品は何か」ということです。

 

起業は手段であって目的ではないというコト

会社設立や起業支援の仕事をしているので多くの相談を受けます。
相談を受けていて思うのですが「何を売っていきたいのか良く分からない」という方が結構多いのです。

ただ単に「自分で仕事を始めたい」というだけで、具体的に何を売っていくのかということがハッキリしていないのですね。

例えば「おしゃれなカフェをやってみたい」とか「たくさんの人がワイワイ盛り上がれるバーをやってみたい」とか、漠然としたイメージはあるのですが、

▼どういう人をターゲットにしているのか
▼どういうモノを売っていくのか
▼どのくらいの金額で売っていくのか

などのように具体的な考えがまとまっていない方が非常に多い。

そもそも、「起業をする」ということは手段であって目的ではないということを忘れてはいけません。

まずは「自分が売りたいもの=自分の商品」をしっかりと見極めてから、起業の準備をしていくことが大切です。

 

「何を売るのか」ということを考える

まず最初に「具体的に何を売るのか」ということを考えていきましょう。

「何を売るか」ということは一見すると簡単なようにも思えます。
ただこの「何を売るか」ということは意識しないとなかなか出来ません。
実際にすでに商売を始めている方やお店を経営されている方でも、この部分があいまいになってしまっている方が結構いられます。

例えば、コーヒー専門店と言っているのにデザートの方がメインになってしまっていたりするお店なんかよく見かけますよね。
そば専門店という看板を掲げているのに定食メニューの方が多かったりするお店なども見かけます。

このように商品が定まっていない・ブレてしまうのは、「自分がどのような商品をどういうお客さんに対して売っていくのか」というイメージが確立できていないことが原因なのです。

既存のお店などでもそういう状況なのですから、特にこれから起業していこうという方は、キチンとしたイメージを確立しておかなければなりません

SNSなどで情報はスグに広まってしまう時代です。
中途半端な商品づくりでは、なかなか成功することは難しいのです。

自分の商品は「相手が欲しい商品」かどうか考える

起業すると言っても、お金儲けだけ全てではないという人もいるでしょう。

「趣味の延長でいいや」
ということであれば、自分の好きなことだけしていれば良いわけです。
ただ、それはあくまで趣味であり、ビジネスではありません。

起業を「ビジネス」にするためには、少し考え方を切り替える必要があります。

起業を考えるうえで、自分の商品を選ぶというアクションは『プレゼント選び』と同じだと良く言います。

相手にプレゼントを送るときは送る相手のことを考えて

「あー、あの人はどういうものが好きだろう?」
「どういうものをあげたら喜ぶかなぁ?どういうものが好きかなあ?」

って考えますよね。

必ず送る人のことを考えてからプレゼントを選ぶはずです。

プレゼントを選ぶのが先で、あとから送る人のことを考えたりはしませんよね。

自分の売るべき商品を考える時も、プレゼント選びと基本的には同じです。

ビジネスにおける商品とは、決して自分の売りたいものではありません。

「相手が欲しいと思っているもの、望んでいること、困っていることを解決するもの」

でなければならないのです。

 

自分のアイデアと商品をマッチングさせる

起業を考えるうえで「売るべき商品」とは、「相手が欲しいと思っていたり、望んでいたり、困っていることを解決するもの」である必要があります。

そうは言っても、「こういう商品を売りたいから起業をしたいんだ!」と思う方も多いでしょう。

そういう方は、必ず商品を買う側の立場になって考えてみて下さい。

▼ あなたのその商品はお金を払ってでも買う価値はありますか?
▼ その商品はあなたからしか買うことができませんか?
▼ その商品を他の人にも勧めてみたいと思いますか?

もし、買う側の立場になった時に、自信をもってその商品を買いたいと言えないのであれば、少し商品の内容を見直す必要があります。
そのあたりまで掘り下げて考えていけば、商品だけでなく「商品を売りたいターゲット=顧客」も見えてきますよ!

 

まとめ

もしビジネスを成功させたいのであれば、商品のチカラは絶対に必要になってきます。

どんな商品であったら戦っていけるのかというコトを、まずは優先的に考えてみましょう!

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨年書いた記事を大幅にリライトしています。
ブログの書き方のルールに当てはめて読みやすくしよう。

【今日のトレーニング】

また右足の調子が思わしくないです。
何が原因なんだろう・・・。

【1日1新】 1日1新についてはコチラ

厚木商工会議所のカフェラウンジ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

The following two tabs change content below.
すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。

ABOUTこの記事をかいた人

すずき会計代表 税理士 行政書士 小田原・湘南地域を中心に地域密着で中小企業をサポート。 「走る税理士」としてトレイルランニングで百名山制覇に挑戦中! 相続や事業承継などに特化した「小田原相続サポートセンター」や起業家を支援する「小田原会社設立開業サポートセンター」などを運営している。